文章に説得力をつける書き方

以前の記事で記事をスラスラ書く方法として、「とりあえず書く」を紹介しましたが、


それをさらにブラッシュアップし、精度を上げていく必要があります。


精度を上げるために文章の説得性をより高める工夫をいくつかご紹介します。


①客観的な事実を語る


主観的なメッセージは書き手の個人的意見にすぎません。

しかし、客観的事実に基づいた情報は、他の人が見ても揺るぎない事実です。

つまり、説得力を高めようと思えば、主観的なメッセージよりも客観的事実が求められます。


例えば、プロテインの効果を語る時、主観と客観ではこのような違いが生まれます。


主観:「筋肉を大きくするならプロテインが必要です」

客観:「ボディービルダーはプロテインを飲んでいます」


説得力を語るならどちらが良いでしょうか?いうまでもなく後者ですね。

ボディーコピーは個人的意見より読み手が共感できる客観的事実を語りましょう。


②具体的に語る


情報の具体化は信憑性を高めます。


具体的でないコピー:メニューに「オススメ」と表示するだけで、その商品が売れるようになりました。

具体的なコピー:メニューに「オススメ」と表示するだけで、その商品が3倍売れるようになりました。


説得力の高い文章には具体性が求められます。数字で表現できる言葉はなるべく具体的な数字で表現しましょう。


③証拠を見せる


「論より証拠」「百聞は一見にしかず」という言葉があるように。説得するには翔こを見せつけるのが効果的です。結果、実績、ビフォーアフターなどの証拠は可能な限り用意して、効果的に見せましょう。



いかがでしたでしょうか?

自分で主観的に文章を書いているとなかなか客観的に見れなかったり、

信憑性があるかどうかわからなくなる場合がありますね。


これらの工夫をすることで、書いた文章の精度が上がって信憑をより上げることができます。

インターネットにあるどんな記事でも良いので読んでみて、客観的にこの文章をこうしたら良いのに!と思うことを増やして、自分の力にしていきましょう。