新しい一万円札になる「渋沢栄一」とはどんな人?第一国立銀行(現みずほ銀行)の創業者?最初の株式会社作った人?

新しい一万円札になる「渋沢栄一」とはどんな人?第一国立銀行(現みずほ銀行)の創業者?最初の株式会社作った人?

2019年4月9日一万円五千円千円の紙幣を刷新する方針を固め公表する準備に入ったと報道されていますその中で一万円札の肖像画に入ると言われてい渋沢栄一と言われる人はどんな人なんでしょうか

「渋沢栄一」の画像検索結果

生い立ち

1840年(1歳)

武蔵国の豪農の長男として生まれる(幼名、栄二郎)。

渋沢は武蔵国血洗島(ちあらいじま)の豪農の長男として生まれる

豪農とは富や勢力のある農家のことを言います。武蔵国血洗島(ちあらいじま)とは現在の埼玉県深谷市血洗島のことです。

尊王攘夷運動に参加

高崎城の乗っ取りや横浜の異人館焼き打ちを企てるも中止し、京都で徳川慶喜に仕える

フランスへ渡航。

27歳の時に、徳川慶喜が将軍となったのに伴い幕臣となり、

パリ万国博覧会に出席する慶喜の弟の随員としてフランスへ渡航。

先進的な産業・軍備を視察。将校と商人が対等に交わる社会を見て感銘を受ける。

第一国立銀行(現みずほ銀行)開業

大蔵官僚として、度量衡の制定や国立銀行条例制定に携わる。(第一銀行、第一勧業銀行を経て、みずほ銀行)の頭取に就任する。

日本最初の株式会社を設立

官僚を経て実業家へ転身し東京海上火災保険、王子製紙、東急電鉄、秩父セメント、帝国ホテル、東京証券取引所、キリンビール、東洋紡績など、多種多様500もの会社の設立に関わり、「日本の資本主義社会の父」とい言われるようになりました。

簡単ですが、こういったすごい経歴の持ち主のようですね。今まで一万円札といえば福沢諭吉さんというイメージでお金の代名詞で諭吉と言われるぐらいでしたが、これからは「栄一」と言われるんでしょうかね?時代遅れにならないように慣れておきましょう笑 最後にもしあくまでイメージですが一万円札が渋沢栄一さんになった場合のイメージを公開しておきます笑

未分類カテゴリの最新記事