デザインの語源について


こんにちは。


今日はデザインという言葉の語源についてと本質的な考察を書いていきます。



まず初めにデザインの語源は、


デザインの語源はデッサン(dessin)と同じく、“計画を記号に表す”という意味のラテン語designareである。
つまりデザインとは、ある問題を解決するために思考・概念の組み立てを行い、それを様々な媒体に応じて表現することと解される。
日本では図案・意匠などと訳されて、単に表面を飾り立てることによって美しくみせる行為と解されるような社会的風潮もあったが、最近では語源の意味が広く理解・認識されつつある。
形態に現れないものを対象にその計画、行動指針を探ることも含まれ、就職に関するキャリアデザイン、生活デザイン等がこれにあたる。
引用:Wikipedia

と書かれています。


まさしく書かれていることはデザインの本当の意味だと思いますし、

日本では表面的なスタイリングの意味として、まだまだよく使われています。


私たちもデザイン業をやっていると会社紹介をしていくと、

結局何をやっている会社なのかという説明をするときに実績を見せることをしますが、

やはりホームページやチラシなどの実際に目に見える部分をご紹介します。


しかしその裏側では企画を考えたり構成を考えたり企業、業界の勉強をしたりなどマーケティングの戦略までも企てて最終形になります。


しかしやはりお客様や聞いてる側は実際に見える部分がどうなのかが大事になってきます。


その理論的な背景の説明を表面的に見せて設計するのがデザイン会社としての業ですね。


デザインという言葉が普段よく使われるので、あまり知らない方もいますが、

日本語にすると「設計」です。

そう聞くとなんだか身近に感じませんか?


「デザインとは〇〇だ」という格言や、デザイン〇〇などのサービス名などたくさんありますが、設計と考えれば、理解は早くなってくるのではないかなと思います。


いかがでしたでしょうか?

英語で考えると日本人にとって理解が複雑化することもありますが、

日本語にしてみて本質的な理解をしていくといいと思います♪