ボディーコピーを書く際のポイント5つ紹介

ボディコピーを作る際に構成を作ることが重要と以前の記事で説明をしましたが、

書く前に幾つかの心構えがあります。5つのポイントに絞って読み手を動かすボディーコピーを作っていきましょう。


①全ての人に向けるのではなく1対1を意識する


読み手にずっと最後まで読んでもらうには「これって私のためのの情報だよね?」と思わせることが重要です。どんなビジネスにもペルソナを設定することができますが、あなたの身の回りの人の顔を思い浮かべてそ「あの人にどうやったら伝わるかな?」と具体的にしていきましょう。

あの人には刺さると思うけど他の人はどうかな・・と心配する必要はありません。

たった一人を動かすコピーは強い共感を生み、その似た多数を動かすことができます。


②「自分」ではなく「相手」の目線


当たり前ですがコピーを読むのは売り手ではなくお客様です。

お客様は私たちの自慢話興味はありません。お客様にとってのメリット・ベネフィットに興味があるのです。

要約すれば「私にはこれができます」より「あなたはこうなります」という視点で語りましょう。


③伝えたいことを絞る


きっと仕事をしていると誰かから何かの提案をもらったり、相談に乗ることってありませんか?

その時にいろいろな情報が入り混じって、結局なにが言いたいのかわからないことはありませんか?

私たちの言葉にはいろんな「保険」があります。「これも言っとけば・・・あっあれも言わないと・・」どんどん情報が過密になっていってまとまりがなくなることもあります。コピーにおいても一緒です。

「1広告1訴求」を意識してシンプルにしていきましょう。


④短くまとめる


海外の広告を比較してよく見るとわかりますが、圧倒的に情報量は少ないです。

ポジティブに捉えれば私たち日本人の美徳とも考えられますが、文章が長ければ「しっかりしてそう」という印象を与えられますが、長くすることを目的になってしまってはいけません。必要な情報はコンパクトにまとめて読みやすいようにしましょう。


⑤説得ではなく気づきを与える


ボディコピーはセールストークであり説得術であると考えますが、相手を論破する目的ではありません。

大事なのは相手に与えた情報を基に気づかせることです。

「問題提起」「課題提案」「解決案」「効果」といった流れまで作ってあげて、売る商品の価値を気づいてもらうことが重要です。



いかがでしたでしょうか?


もっと身近なことで考えると、例えばあなたは専業主婦でマッサージチェアが欲しいことを旦那さんに伝えたいとしましょう。

奥様自身が使いたいのは勿論ですが、旦那様の立場になり、旦那様のメリットを語るなどのようにお話しされるでしょうか?


そう言った身近なシチュエーションを考えることからしてみても良いかもしれません。


では今日はここまでです!